メリットが多い

会社員

PBXは企業内における構内電話交換機のことを言い現在ではデジタルPBXが主流になっています。交換機を利用して、外部から直接に特定の番号が呼び出せるダイヤルインや短縮ダイヤル、あるいは不在時の転送、指定時間の呼び出し、コールバック等を行うことが出来ます。デジタル化された信号であるためにFAXやパソコンなどをつないで情報ネットワークをつくることも出来るようになっています。スイッチやルーター機能も持ち合わせた機種がほとんどとなっています。企業が小規模、あるいは従業員が少ない場合においては、ビジネスフォンタイプのものがよく利用されるようになっています。PBXの導入にあたってはインターネットプロトコルに対応したIP-PBXを選択することになります。これにはハードウェア型とソフトウェア型とがあります。この2つの形を比較してみるとハードウェア型はセキュリティ対策や安定性でメリットがあります。ハードウェアであるために拡張性が限定されていたり、導入時や交換時に高い費用がかかるという特徴を持ちます。ソフトウェア型は企業において利用しているサーバーにソフトをインストールして使え、コールセンターなどの業務内容には適しているとも言えます。メリットとしては短期で納入でき低価格でしかも拡張性に優れています。初期投資の額や運用時のコストが安く、利用の規模が拡大して行った場合も取り換えや買い替える必要がありません。機能の追加や外部との連携など拡張性や柔軟性に優れていると言えます。その他で比較される場合にクラウド型というのがあります。初期投資や運用コスト削減その他のメリットがあり、これらの導入に当たっては企業の初期投資や経費の額から比較したり業務内容から方式を比較検討することが出来ます。